タクシーが歩行者はね6人死傷の事故 入院中の運転手が死亡

ことし1月、東京 渋谷区でタクシーが歩行者を次々にはね、1人が死亡、5人が重軽傷を負った事故で、事故を起こしたあと入院していたタクシーの73歳の運転手が24日朝、意識が戻らないまま死亡したことが捜査関係者への取材で分かりました。警視庁は今後、運転手を過失運転致死傷などの疑いで書類送検する方針です。

ことし1月4日、渋谷区笹塚の甲州街道でタクシーが横断歩道をわたっていた歩行者を次々にはね近くに住む49歳の女性が死亡したほか、小学生の男の子を含む5人が重軽傷を負いました。

タクシーの73歳の男性運転手も病院に搬送されましたが、警視庁によりますと当時くも膜下出血を起こしていた疑いがあるということです。

運転手はそのまま入院し、警視庁は回復を待ってから事情を聴くことにしていましたが24日朝、意識が戻らないまま死亡したことが捜査関係者への取材で分かりました。

運転手は当時、運転中に意識を失いそのまま赤信号の交差点に進入した可能性があるということで、警視庁は今後、過失運転致死傷などの疑いで書類送検する方針です。