センバツ高校野球 2年ぶりあす開幕 甲子園で開会式リハーサル

2年ぶりの開催となるセンバツ高校野球が19日に開幕するのを前に、甲子園球場で開会式のリハーサルが行われました。

ことしのセンバツは高校野球では、新型コロナウイルスの感染拡大後初めてとなる全国大会で、初出場10校を含む32校が出場します。

徹底した感染対策をとるなか開会式も規模が縮小され、1日目に試合のある6校のみが入場行進する異例の形式で行われることになりました。
18日午前9時から甲子園球場で行われた開会式のリハーサルでは、6校のキャプテンなどが、間隔を空けて外野に並んだ状態から、入場行進曲の「パプリカ」に合わせて内野まで歩く流れや、事前に収録したほかの26校の行進の映像を球場のビジョンに映し出す演出を確認しました。

このあと、宮城の仙台育英高校のキャプテン、島貫丞選手がコロナ禍で野球ができる喜びや東日本大震災から10年を迎えた被災地への思いを盛り込んだ選手宣誓の練習をしました。

大会は19日に開幕し、休養日を含めて13日間の日程で行われます。

選手宣誓は仙台育英 島貫主将

選手宣誓を務める仙台育英高校のキャプテン、島貫丞選手は開会式のリハーサルのあとオンラインでの取材に応じ「甲子園球場の土を初めて踏んであすお客さんが入った中で選手宣誓をするイメージをしっかりと持つことができた」と話しました。

そのうえで東日本大震災から10年の節目に大役を務めることについて「こういう年に選手宣誓ができるので見てくださるかたに希望を伝えられる宣誓を32校の代表として自信を持って務めたい」と意気込んでいました。