NHK経営委員長に森下俊三氏が改めて選出

NHK経営委員会の委員長に関西情報センター会長の森下俊三氏が改めて選出され、森下氏は、記者会見で「NHKがより一層信頼され、放送法で定められた役割をしっかり果たしていけるよう、執行部ともよい緊張関係を保ちながら務めていきたい」と抱負を述べました。

NHK経営委員会は9日、委員の互選で委員長に森下俊三氏を全員一致で改めて選出しました。

森下氏は75歳。

昭和45年にNTTの前身の旧・日本電信電話公社に入り、その後、NTT東日本の副社長やNTT西日本の社長などを経て、去年6月まで、阪神高速道路の取締役会長を務めました。

NHKの経営委員には、平成27年3月に就任し、おととし12月から委員長を務めています。

森下氏は、9日夕方、記者会見し「NHKには、中期経営計画に掲げた、放送・サービスの充実を図ることや、『スリムで強靭なNHK』に向けた構造改革に取り組むことなど、重要な課題が山積している。NHKが、より一層信頼され、放送法で定められた役割をしっかり果たしていけるよう、執行部ともよい緊張関係を保ちながら務めていきたい」と抱負を述べました。

また、9日の経営委員会では委員長職務代行者を、同志社大学法学部教授の村田晃嗣氏が引き続き務めることもあわせて決まりました。