震災 風化が進んでいるか「そう思う」「ややそう思う」7割に

東日本大震災の発生から11日で10年になります。NHKの世論調査で震災について風化が進んでいると思うかたずねたところ、「そう思う」「ややそう思う」と答えた人を合わせるとおよそ7割になりました。

NHKは、今月5日から3日間、全国の18歳以上を対象にコンピューターで無作為に発生させた固定電話と携帯電話の番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。
調査の対象となったのは、2120人で、58%にあたる1237人から回答を得ました。

東日本大震災の発生からあさってで10年になるのを前に、震災について風化が進んでいると思うかたずねました。

「そう思う」が29%、「ややそう思う」が42%、「あまりそう思わない」が16%、「まったくそう思わない」が5%で、「そう思う」と「ややそう思う」を合わせるとおよそ7割でした。

去年の同じ時期の世論調査で同様のことをたずねた際には、「そう思う」が26%、「ややそう思う」が46%、「あまりそう思わない」が17%、「まったくそう思わない」が4%となっていて、ほぼ同じ結果となりました。