三井住友FG 11万人以上顧客情報 第三者が閲覧できる状態に

三井住友フィナンシャルグループは、傘下のSMBC信託銀行とSMBC日興証券の合わせて11万人以上の、顧客の情報が数年間にわたり第三者に閲覧できる状態にあったと発表しました。
最大で150人余りの顧客の情報が、実際にアクセスを受けたということですが、不正な利用はないとしています。

発表によりますと、SMBC信託銀行は、およそ4年間に3万7000人余りの顧客の個人情報が、第三者に閲覧できる状態にあり、最大で101人分が実際にアクセスを受けたということです。

氏名や生年月日のほか、暗号化された暗証番号が閲覧された可能性があるということです。

また、SMBC日興証券は2年前から、8万人余りの顧客の情報が閲覧できる状態にあり、最大で50人分の氏名とメールアドレスが閲覧された可能性があるということです。

いずれも、これまでのところ顧客から被害の申し出や、不正に利用されたという苦情は寄せられていないとしていますが、合わせて11万人以上の顧客に個別に連絡を取っています。

三井住友フィナンシャルグループは、傘下の15の企業で同じIT企業が開発したシステムを使っていたため、グループ全体で調査を進めましたが、三井住友銀行など、ほかには顧客情報にアクセスはなかったということです。

両社は「今回の事態を重く受け止め、再発防止に向けてお客さまの情報管理を再度徹底します」とコメントしています。