東京大空襲 米臨時代理大使から海老名香葉子さんに追悼の手紙

およそ10万人が犠牲となった東京大空襲から、10日で76年となるのを前に、空襲で家族6人を亡くし、慰霊の活動を続けているエッセイストの海老名香葉子さん(87)に、日本に駐在するアメリカのヤング臨時代理大使が8日、追悼の手紙を寄せました。専門家によると東京大空襲に関連してアメリカ側がメッセージを送るのは極めて珍しいということです。

落語家の初代林家三平の妻で、エッセイストの海老名香葉子さんは、昭和20年3月10日の東京大空襲で両親を含めた家族6人を亡くし、私財を投じて慰霊碑を建立したり、みずからの体験を本として出版したりするなど、慰霊の活動を続けています。
海老名さんによりますと8日午後、東京 台東区にある初代林家三平の記念館をアメリカ大使館の職員が訪れ、ヤング臨時代理大使の手紙を手渡したということです。
手紙には日本語と英語で「第2次世界大戦中にお亡くなりになられた方々を厳粛に追悼する機会をいただき、ありがとうございます」などと書かれています。

海老名さんは「手紙を受け取って非常に驚きました。『戦争を起こしてはいけない』という私のメッセージがアメリカにも伝わったことは非常に喜ばしい」と話していました。

またアメリカ大使館はNHKの取材に対して「日米の友情の精神から私信として送った」と説明しています。

東京大空襲をめぐってアメリカ側は、東京都が主催する式典に、1995年に当時のモンデール大使が、2015年と2016年に当時のケネディ大使が、それぞれ出席しています。

東京大空襲・戦災資料センターの吉田裕館長は「アメリカ側が東京大空襲に関連してメッセージを出すのは極めて珍しい」としたうえで「日本国内でも東京大空襲の記憶が消えつつある中で、改めて戦争の犠牲者に光を当てたメッセージで、評価できる」と話しています。