ハリー王子夫妻“差別的な言動あった”と王室批判

イギリス王室を離れたハリー王子と妻のメーガン妃がアメリカメディアのインタビューに応じ、アフリカ系のルーツを持つメーガン妃が妊娠した際、王室内で生まれてくる子どもの肌の色を懸念する言動があったことなどを明らかにし、確執も伝えられる王室を批判しました。

ハリー王子夫妻は去年3月でイギリス王室の公務を退き、現在はアメリカで生活しています。こうした中、アメリカCBSテレビは7日、人気司会者のオプラ・ウィンフリーさんによる夫妻へのインタビューを放送しました。

この中で、アフリカ系のルーツを持つメーガン妃が妊娠した際、子どもについて「肌の色がどれだけ濃いのかという懸念があった」と述べ、王室内で差別的な言動があったことを明らかにしました。

また、生まれる子どもへの王子の称号を与えず、警備も提供できないというやり取りがあったとも述べましたが、いずれも誰が発言したかについては明言を避けました。

また、メーガン妃は、結婚してから王室内で孤立し、守られていないと感じ自殺を考えたこともあったと明かしました。

一方、ハリー王子は、こうした状況の中で家族は守ってくれなかったなどと、父親のチャールズ皇太子への失望感を示しましたが、エリザベス女王とは今もやり取りをしていると述べました。

イギリス王室は、夫妻が公務を退くことを明らかにした際、夫妻はいつまでも愛する家族の一員だとするエリザベス女王の声明を発表しました。

ただ、イギリスメディアは、夫妻と王室の間には、確執があるなどと繰り返し伝えていました。