総務省 谷脇氏が10万円余 巻口氏が4万円余の違法接待 中間報告

総務省は、谷脇総務審議官と巻口国際戦略局長が、NTTの社長らと行っていた会食について、調査の中間報告を公表し、谷脇氏が3件、合わせて10万円余り、巻口氏が1件、4万円余りの違法な接待を受けていたことを明らかにしました。

中間報告では、谷脇総務審議官と巻口国際戦略局長がNTTの社長らと行っていた会食について、具体的な日時や場所、参加者、それに代金などを一覧表にまとめていて、合わせて4件の会食がいずれも国家公務員の倫理規程に違反する接待だったとしています。

このうち谷脇氏は、去年7月に1件、3年前の9月に2件の合わせて3件で、総額10万1852円の接待を受けていたとしています。

最も高額だった3年前の9月の会食では、コース料理とシャンパンやワインなどで、1人当たり6万円を超えていたということです。

谷脇氏は、3件の会食について、今月4日の参議院予算委員会で「NTT側の申し出に応じて、提示された金額を負担したと思う」と話していましたが、実際に負担していたのは去年7月の会食での5000円のみでした。

また、去年7月の会食には、当時外務省の外務審議官だった金杉インドネシア大使も同席していたということです。

谷脇氏は、衛星放送関連会社からの接待問題の調査の際「ほかに倫理規程に違反する会食はなかった」と答えていて、今回「なぜ、NTT側との会食を報告しなかったのか」との調査に対し「誠に申し訳ない」と答えたということです。

一方、巻口氏が受けていた接待は去年6月の1件で、本人が負担した1万円を除いた接待の代金は4万1165円でした。

店は谷脇氏と同じで、当時総務審議官だった山田前内閣広報官が同席していたということです。

総務省は、この4件以外の会食についても確認中だとしています。

谷脇氏と巻口氏は、総務省の調査に対して、NTT側が利害関係者にあたるという認識は持っていたと説明しているということで、会食での会話の内容については「情報通信一般や国際情勢の話題はしたが、利益誘導にあたる個別の話はしていない」と話しているということです。

総務省は、2人に対する調査が終わりしだい、人事院の国家公務員倫理審査会に報告したうえで、処分を行うことにしています。

また、通信や放送を担当する職員を幅広く対象にして、倫理規程に違反する行為がなかったか、調査を進める方針です。

官房長官「真相究明行い 厳正に対処していただきたい」

加藤官房長官は、午前の記者会見で「総務省において、倫理法令違反についての調査をしっかりと進め、徹底した真相究明を行ったうえで、厳正に対処していただきたい。きょうは、あくまでも中間的な報告であり、総務省において、さらに谷脇総務審議官以外も含め、徹底した調査が行われているものと承知している」と述べました。

そのうえで、記者団が「政府としては、谷脇氏の辞職までは必要ないという認識か」と質問したのに対し「処分については、今回の調査結果を踏まえ、まず総務省において、公務員倫理審査会とも相談し、厳正に対処していくものと承知している」と述べました。

一方、巻口国際戦略局長が受けていた接待に、当時総務審議官だった山田 前内閣広報官が同席していたことについて「倫理法や倫理規程に違反するかどうかは、まず調査をし、その後処分がなされるが、あくまでも現職の国家公務員を対象とした規制であり、調査の枠組みはそれによって定められている。山田氏を含め、すでに退職して国家公務員の身分にない者について、政府として、制度上処分を行う権限はない」と述べました。

自民 二階幹事長「総務省は大いに反省すべき」

自民党の二階幹事長は、記者会見で「公務員は、国民からの信頼に基づいて職にあたっているので、不信を抱かれるような行動を慎むのは当然のことだ。引き続き、総務省でしっかり調査して体制を立て直し、武田総務大臣のもとで対処してもらいたい。総務省は大いに反省すべきだ」と述べました。

共産 小池書記局長「NTTは真実を語るべき」

共産党の小池書記局長は、記者会見で「『利益誘導はなかった』という総務省の中間報告は到底納得できず、菅総理大臣は全力をあげて真相解明すべきだ。また、NTTは政府が株式を保有し、国民の血税をもとにした資金で経営しており、社会的な責任が問われる。なぜこのような接待をしたのか真実を語るべきだ」と述べました。