男子ゴルフ 松山 通算2アンダーの18位 アメリカツアー最終日

男子ゴルフのアメリカツアーの大会は7日、フロリダ州で最終ラウンドが行われ、松山英樹選手はスコアを伸ばせず通算2アンダーの18位でした。

35位でスタートした松山選手は、強風の中、バーディー4つ、ボギー2つとスコアを2つ伸ばして迎えた最終の18番ホールで、第2打を池に入れてダブルボギーをたたき、最終ラウンドはイーブンパーで、通算2アンダーの18位でした。

松山「トップ10も狙える位置だったのに残念」

松山選手は「最後のダブルボギーはもったいなかった。トップ10も狙える位置だったのに残念。ショットは徐々によくなり、この風の中でも安定していた」と話していました。

優勝はアメリカのブライソン・デシャンボー 今季2勝目

アメリカのブライソン・デシャンボー選手が7日、ベストスコアの1アンダーで回り、通算11アンダーで去年9月の全米オープン選手権に続く今シーズンツアー2勝目、通算8勝目をあげました。