大リーグ パドレス ダルビッシュ オープン戦初登板 2回無失点

大リーグ、パドレスのダルビッシュ有投手が7日、ロイヤルズとのオープン戦に初めて登板し、2回を投げて無失点、4つの三振を奪い順調なスタートを切りました。

今シーズンからパドレスに加入したダルビッシュ投手は7日、アリゾナ州で行われたロイヤルズとのオープン戦に先発しこのキャンプで初めて実戦で登板しました。

ダルビッシュ投手は1回、変化球とストレートで連続三振を奪い、3番バッターにはライト前ヒットを打たれてツーアウト一塁としましたが続く4番バッターを見逃し三振に抑えました。

続く2回もストレートで三振を奪うなど危なげないピッチングで三者凡退とし、この回でマウンドを降りました。

球数は28球でした。

ダルビッシュ投手は2回を投げてヒット1本、フォアボールなし、無失点の内容で4つの三振を奪い新天地で順調なスタートを切りました。

球速は最速で96マイル、154.6キロをマークしました。

また、パドレスとマイナー契約を結んでいる加藤豪将選手は6回の守備からファーストで途中出場し、9回にセンター前ヒットを打って2打数1安打でした。

「自分のペースで投げられた」

試合後、ダルビッシュ投手は「自分のペースで投げられたし、きょうは球が強いというか伸びがあった。バッターの反応を見ていると、僕の場合、変化球が頭にあるのでストレートが効いたのかなと思う」と振り返りました。

その上で、パドレスのユニフォームを着て初の実戦となったことについては「ユニフォームも違和感なく、すごく気に入っている。初めてここで投げる感じがしなかったし、それくらいすごくサポートしてくれている」と話していました。

また、エンジェルスの大谷翔平選手がオープン戦で最速161キロをマークしたことについては「ちょうどきのうメッセージをやり取りした。体つきも顔つきも良いし、本当にすごい球を投げているのですごいとしか言いようがない」とたたえていました。