スイス 公共の場で顔覆うこと禁止するかで国民投票 賛成多数

スイスでは、イスラム教徒の女性が着用するベールを念頭に、公共の場で顔を覆うことを禁止するかどうかを問う国民投票が賛成多数で可決されました。

ヨーロッパでは2011年にフランスでイスラム教徒の女性がベールで顔や全身を覆う「ブルカ」などの着用を禁止する法律が施行され、ベルギーやオーストリアなどでも同様の動きが広がっています。

スイスでも7日、顔を覆うことを禁止するかどうかを問う国民投票が行われ、開票の結果、賛成が51.2%、反対が48.8%の賛成多数で可決されました。

あらゆる方法で顔を覆うことを禁止するものだとしていますが、現地のメディアはイスラム教徒の女性が着用する「ブルカ」などが念頭に置かれていると伝えています。

スイスでは人口のおよそ5%がイスラム教徒とされていますが、現地の大学の調査では、顔を覆う「ブルカ」などを着用している人はほとんどいないということです。

それにもかかわらず、新たな規制が実施されることについて、現地のイスラム教徒の団体は「少数派であるイスラム教徒を除外するための明確なサインだ」として非難しています。

スイスでは2009年に行われた国民投票でイスラム教の象徴的なモスクの塔「ミナレット」の新たな建設が禁止されていて、今回の規制も議論を呼びそうです。