総務省 幹部がNTT社長らと会食 規程違反の接待で 中間報告へ

総務省の幹部2人が、NTTの社長らと会食していたことについて、総務省は、国家公務員の倫理規程に違反する接待だったとする中間報告をまとめ8日国会へ示すことにしています。
このうち谷脇総務審議官は、衛星放送関連会社からの接待問題ですでに懲戒処分を受けていることから、政府内では「今の職にとどまるのは難しい」という見方が広がっています。

総務省の谷脇総務審議官と巻口国際戦略局長がNTTの社長などと会食していたことが明らかになったことを受けて、調査を進めている総務省は、8日、参議院予算委員会で中間報告を示すことにしています。

このなかでは「週刊文春」が報じた谷脇総務審議官の3件の会食と、巻口局長が山田・前内閣広報官とともに参加した会食について、いずれも国家公務員の倫理規程に違反する接待だったと結論づけるとともに調査で新たに確認できた同様の接待についても、明らかにしています。

2人は「NTT側から提示された金額を負担した」と説明していますが、1人当たりの会食の代金が負担額を大幅に上回っていたことが確認されたため、違法な接待と判断したということです。

総務省による調査は、まだ続いているため、2人への処分はすぐには決まらない見通しですが谷脇総務審議官は、衛星放送関連会社からの接待問題ですでに懲戒処分を受けていることから、政府内では「今の職にとどまるのは難しい」という見方が広がっています。