参院予算委 きょう集中審議 NTTとの会食めぐる調査 中間報告へ

国会は8日、参議院予算委員会で集中審議が行われ、東日本大震災からの復興や新型コロナウイルス対策について論戦が交わされます。また、総務省幹部とNTTの社長らとの会食をめぐる調査の中間報告が示されることから、野党側は真相究明に向けて追及を続ける構えです。

新年度予算案を審議している参議院予算委員会は、8日、菅総理大臣と関係閣僚が出席して、集中審議が行われます。

集中審議では、今週11日で発生から10年となる東日本大震災からの復興や、首都圏の1都3県に出されている緊急事態宣言が2週間延長されたことを受けて、今後の新型コロナウイルス対策などについて論戦が交わされます。

また、8日の委員会では、総務省の幹部がNTTの社長らと会食していたことをめぐり、違法な接待がなかったか調査している総務省が、中間報告を示すことにしています。

与党側は、新年度予算案を早期に成立させるため、審議への影響を最小限にとどめたいとして、総務省に対し、速やかに事実関係を明らかにするとともに、徹底した再発防止を求める方針です。

一方、野党側は、先の衛星放送関連会社からの接待問題をめぐる総務省の調査で、今回の会食が明らかにならなかったことを問題視し、8日の報告内容を厳しく精査するとともに、一連の接待や会食による行政への影響の有無などの真相究明に向けて追及を続ける構えです。