プロ野球 オープン戦 6試合の結果

プロ野球のオープン戦は6試合が行われました。

広島対ヤクルトは広島が2対0で勝ちました。

広島は昨シーズンの新人王、森下投手が4回を投げて無失点、ノーヒットにおさえて順調な仕上がりを見せました。

ヤクルトの2年目、奥川投手は2回を投げてヒット2本、無失点におさえました。

ロッテ対西武は西武が4対2で勝ちました。

西武の2年目、岸選手がツーベースを含むヒット3本を打ち、存在感を示しました。

ロッテのドラフト1位ルーキー、鈴木投手は4回をヒット5本、2失点でしたが、インコースを厳しく攻める強気のピッチングが光りました。

日本ハム対巨人は巨人が4対1で勝ちました。

巨人の3年目、高橋優貴投手は5回途中まで投げてヒット2本、無失点でした。

ドラフト5位のルーキー、秋広選手がヒット2本を打ち、開幕1軍入りに向けてアピールしました。

日本ハムのドラフト1位ルーキー、伊藤投手は4回を投げてヒット4本、3つのフォアボールで3失点とコントロールに課題を残しました。

中日対楽天は中日が3対2で勝ちました。

中日の大野雄大投手は3回ヒット2本、三振5つを奪い無失点と順調です。

3年目の根尾選手がタイムリーを打ちました。

楽天のドラフト1位ルーキー、早川投手は4回ヒット8本3失点でした。

DeNA対オリックスはオリックスが5対0で勝ちました。

オリックスは昨シーズンの首位打者、吉田正尚選手がソロホームランを含むヒット2本と調子を上げてきました。

DeNAは3年目の大貫投手が4回を投げて三振7つを奪いました。

ソフトバンク対阪神はソフトバンクが4対3で勝ちました。

ソフトバンクは甲斐選手が満塁ホームラン、レギュラー入りを目指す真砂選手がヒット3本を打つなど打線が好調です。

阪神はロッテから移籍したチェン投手が3回ヒット8本、4失点と調整が遅れています。