全日本私立幼稚園連合会で数億円が使途不明に

全国の私立幼稚園から会費などを集めて運営している「全日本私立幼稚園連合会」で、国際交流などのために積み立てていた複数の基金が正式な手続きを経ずに取り崩されるなどして合わせて数億円の資金が使途不明になっていることがNHKの取材で分かりました。幼稚園連合会の会長は去年11月、使途不明金の存在を指摘されたあと辞任していて、幼稚園連合会は現在、多額の資金の使いみちなどについて内部調査を進めているということです。

全国およそ7500の私立幼稚園が加盟する「全日本私立幼稚園連合会」は、幼児教育の振興を図る目的で昭和59年に設立された任意団体で、加盟する幼稚園から集めた会費などを主な財源に幼児教育の無償化などの振興策について国や国会議員への要望活動などを行っています。

幼稚園連合会は会費収入など年間2億円余りの一般会計のほか、複数の基金を積み立てていますが、複数の関係者によりますと国際交流や災害対策のための基金などが、正式な手続きを経ずに取り崩されるなどして、合わせて数億円の資金が使途不明になっていることが、連合会の昨年度決算の監査が行われた去年9月以降に分かったということです。
幼稚園連合会の香川敬会長は去年11月27日、使途不明金の存在を指摘されたあと5期10年以上にわたって務めた会長の職を辞任したということです。

NHKの取材に対し辞任した香川前会長は「会長として使途不明金を出した管理監督責任があるので辞任したが、口座の管理は事務方が行っており、私自身は1円たりとも資金の流用はしていない。カネが何に使われたのかは全く分からない」と説明しています。

関係者によりますと幼稚園連合会は内部に特別委員会を設置して弁護士とともに多額の資金の使いみちなどについて調査を進めているということです。

内部調査を進めている幼稚園連合会の田中雅道会長代行は「組織として全国の私立幼稚園に関わるすべての保護者や子どもたちに大変申し訳なく思います」と話しています。

前会長「資金は流用していない」

去年11月に辞任した全日本私立幼稚園連合会の香川敬前会長は今月、NHKの取材に2時間以上にわたって応じました。

多額の使途不明金について香川前会長は「去年11月27日に、連合会側から『基金に穴が空いている』と指摘された。連合会の口座や会計帳簿の管理は事務局が行っているが、会長には事務方の管理監督責任があるので辞任を申し出た。国際交流や災害対策などの基金、合わせて1億数千万円が理事会などの承認を経ずに取り崩されていたことは聞いている」と述べました。

そのうえで「先月、連合会側から『個人で流用したのではないか』と聞かれたが、『断じて流用はしていない』と答えた。私自身は1円たりとも資金の流用はしておらず、カネが何に使われたのかは全く分からない」と説明しています。

全日本私立幼稚園連合会とは

「全日本私立幼稚園連合会」は幼児教育の振興を図る目的で昭和59年4月に設立された任意団体で、東京 千代田区に事務所があり去年9月時点で全国47都道府県のおよそ7500の私立幼稚園が加盟しています。

ホームページなどによりますと幼稚園連合会は幼稚園から集めた会費や寄付金などを主な財源に、おととし10月から始まった幼児教育無償化の実現などの振興策を国や国会議員などに要望していたほか、幼児教育に関する調査や研究、教職員の資質向上や福利厚生などの事業を行っています。

ホームページで公表されている平成30年度決算の一般会計の収支報告によりますと事業収入は幼稚園から集めたおよそ1億7500万円の会費など合わせて2億3700万円余りとなっています。

幼稚園連合会では一般会計のほか、資産管理を適切に行うためとして複数の基金を設置していますが、関係者によりますとこのうち少なくとも「国際交流基金」と「災害対策基金」は正式な手続きを経ずに取り崩され、残高がほぼ無くなっていたということです。

連合会の会則などによりますと「国際交流基金」は幼児教育に関する海外交流などの事業を行うために積み立てたもので、基金の運用益を事業の必要経費に充てることができるとしています。関係者によりますと積立額はおよそ1億円で、会則などでは基金を取り崩す場合には連合会の総会の議決が必要だとしていて、資産管理の状況は総会などに報告すると定めています。

「災害対策基金」は災害で被害を受けた幼稚園や園児、教職員に見舞い金を支給するために1億円を限度額に積み立てられていて、連合会が設けた委員会が管理運営を行うとしています。

幼稚園連合会の東京 千代田区の事務所には関連団体の公益財団法人「全日本私立幼稚園幼児教育研究機構」や幼稚園の保護者などが加盟する「全日本私立幼稚園PTA連合会」という団体もあります。