大リーグ エンジェルス 大谷 オープン戦初登板で5奪三振

大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手が5日、オープン戦にピッチャーとして初めて登板し、2回途中まで投げて1失点で5つのアウトをすべて三振で奪いました。

今シーズン、投打の二刀流復活を目指す大谷選手はここまでオープン戦にバッターとして出場し、ホームランを含む2試合連続ヒットを打つなど好調を維持しています。

5日はアリゾナ州で行われたアスレティックスとのオープン戦にピッチャーとして初めて先発しました。

大谷選手は1回、ツーベースヒットとフォアボールでツーアウト一塁二塁としますが、5番バッターから変化球で空振り三振を奪い、ピンチを切り抜けました。

続く2回はワンアウト二塁からツーベースヒットを打たれて1点を失いましたが、後続のバッターからこの試合5つ目の三振を奪ったところで球数が40球を超え、マウンドを降りました。

この試合、大谷選手は1回と3分の2イニングを投げてヒット3本、1失点、フォアボール2つの内容で、5つのアウトはすべて三振で奪いました。

また、球速は最速で161キロをマークし、投打の二刀流復活に向けて歩みを進めました。

試合後、大谷選手は「最初だったので比較的軽くいこうと思ったが、球数もしっかり投げられたし、ランナーを背負った状況は実戦でしか経験できないのでよかった。すごく楽しかった」と振り返りました。

そのうえで「まっすぐも比較的よかったし、スプリットは特に変化もよかったので満足している。カウントをとりにいったスライダーはよくなかった。決めにいったボールは力んでいたので、そこは実戦ならではだと思う」と自身のピッチングを分析していました。