山口俊 オープン戦初登板で1回無失点 大リーグ ジャイアンツ

大リーグ、ジャイアンツとマイナー契約を結んでいる山口俊投手が4日、ホワイトソックスとのオープン戦に初めて登板し、1回を投げて無失点に抑えました。

山口投手は2月、ブルージェイズを自由契約となり、その後ジャイアンツとマイナー契約を結んでキャンプには招待選手として参加しながらアピールを続けています。

4日はアリゾナ州で行われたホワイトソックスとのオープン戦に5回から5人目として初めて登板しました。

山口投手は2アウトから連続ヒットを打たれて一塁二塁のピンチを背負いましたが、おととしのアメリカンリーグ首位打者のアンダーソン選手をレフトライナーに抑えて無失点で切り抜けました。

山口投手は1回を投げてヒット2本で三振を1つ奪い無失点の内容でした。

山口投手は「カウントが悪くなってもフォアボールを出さずにバッターと勝負できたことはまずまずだった」と振り返ったうえで、「思っていることと体の動きが一致してきたのが去年との違いだと思う。多少フォームのばらつきはあるが、考えて修正して次のボールに生かせている感覚はあるので、去年に比べてだいぶ前に進んでいると思う」と手応えを話していました。