富山市の交番襲撃事件 元自衛官に無期懲役の判決 富山地裁

3年前、富山市の交番で警察官を殺害して拳銃を奪ったうえ、近くにいた警備員を殺害したとして、強盗殺人や殺人などの罪に問われた元自衛官に対し、富山地方裁判所は強盗殺人罪は成立せず「計画性が高いとは言えない」などとして、死刑の求刑に対し、無期懲役の判決を言い渡しました。

元自衛官の島津慧大被告(24)は平成30年6月、富山市の交番で当時、警部補だった稲泉健一さん(46)をナイフで刺して殺害して拳銃を奪ったうえ、近くの小学校の校門前にいた警備員の中村信一さん(68)を、その拳銃で撃って殺害したとして、強盗殺人や殺人などの罪に問われました。

これまでの裁判員裁判で、検察が死刑を求刑したのに対して弁護側は「警察官が倒れたあとに拳銃をとる意思が生まれた。強盗殺人ではなく、殺人と窃盗の罪にあたる」などとして、無期懲役が妥当だと主張していました。

5日の判決で、富山地方裁判所の大村泰平裁判長は「警察官を殺害後に拳銃を取る意思が生じた可能性を排除できず、被告が拳銃を奪う意思を持って殺害行為に及んだと認定するには合理的な疑いが残る」として、強盗殺人ではなく殺人と窃盗の罪にあたると判断しました。

そのうえで「被告の責任は極めて重大で社会的影響も大きいが、犯行の動機が生まれた過程に発達障害の影響があることは明らかで、一定の限度で被告に有利に考慮することが相当だ。計画性が高いとは言えず、死刑を選択することがやむをえないとは言えない」と述べ、無期懲役を言い渡しました。

これまでの裁判で島津被告は一貫して沈黙していて、5日の判決の言い渡しを落ち着いた様子で聞いていました。

検察「上級庁など協議し対応検討」

判決について、富山地方検察庁の西岡剛次席検事は「判決内容を精査し、上級庁などと協議したうえで対応を検討したい」とコメントしています。

弁護士「適切な事実認定、量刑だ」

島津被告の弁護士は、判決のあとコメントを発表し「強盗殺人罪の成立を否定し、殺人罪と窃盗罪の成立を認めたことについては、証拠を正しく評価した適切な事実認定だ」としました。

そのうえで「発達障害が事件に影響を与えたと認められたことは評価できる。無期懲役は適切な量刑だ」としています。

「悔しい」中村さんの遺族

判決のあと、殺害された警備員の中村信一さんの遺族が報道陣の取材に応じました。

中村さんの娘は「判決を自分の中で受け入れられず、裁判長の話が頭に入ってきませんでした。裁判員の皆さんがすごく悩んで重い決断をしたと思いますが、私は死刑を望んでいたので、悔しいのひと言です」と話しました。

中村さんの妻は「今は無期懲役を受け止めようと思っています。被告にはこれから償うための日々が始まりますが、彼が償えるような状態になるまでには時間がかかると思います」と話しました。

判決のあと殺害された遺族は墓参りに訪れました。
中村さんの妻は「判決が無期懲役だったことと、極刑を望んでいた娘や孫たちに今後どんな影響がでるか分からないので、見守ってねと伝えました」と話しました。

そのうえで「夫はよく頑張ってきたな、ちょっと休めよと言ってくれる気がします」と話しました。

また、中村さんの娘は「死刑判決にならず、悔しい。私の力不足でごめんねと伝えました」と話しました。

そのうえで「判決に向けてもっとやれることがあったのではないかと思い、自分自身に対しても悔しいし、判決自体も悔しいです」と話しました。

自治振興会会長「不満が残る判決」

事件のあった交番や警備員が撃たれた小学校がある奥田校下自治振興会の竹嶋一恭会長は「被害者の家族が苦しんでいることが認められなかったと感じます。被告に同情すべき点はなく謝罪もないので、不満が残る判決でした」と話しました。

この自治振興会は、事件以降、連日子どもたちを見守る活動を続けているということで、竹嶋会長は事件を振り返り「地域の安心安全について改めて考えさせられた」と話していました。