大リーグ レッズの秋山が練習に復帰 離脱の理由は妻のけが

大リーグ、レッズの秋山翔吾選手が4日、チームの練習に復帰し、離脱の理由について、妻が公園で倒れた木の下敷きになる事故に遭い、けがをしたためだと説明しました。妻は入院しましたが命に別状はないということです。

レッズの秋山選手は先月26日にキャンプを離脱し、球団は理由について個人的なものとして明らかにしていませんでした。

秋山選手は4日、およそ1週間ぶりにチームの練習に復帰し、離脱の理由について妻がオハイオ州の公園で倒れた木の下敷きになる事故にあい、けがをしたためだと説明しました。妻は入院しましたが命に別状はないということです。

秋山選手は「何か所か大きなけがをして、どうしても病院についていないといけない時間があった。子どもの面倒をみたりイレギュラーなことだったがアメリカの環境の中で家族をそのままにしておけない気持ちがあったので、必要な時間だったと思っている」と説明しました。

オハイオ州の地元メディアも先月25日の午前11時ごろ、公園で突然、大きな木が倒れて秋山選手の妻が巻き込まれ頭から血を流して救急搬送されたなどと伝えています。

今後について秋山選手は「結果を出して試合に出るということが家族に心配をかけないことだと思うので、ここからまた頑張りたい」と話していました。