スペースX開発の宇宙船試作機 試験飛行で着陸後に爆発

アメリカの宇宙開発企業、スペースXが開発中の宇宙船「スターシップ」の試作機が3日、テキサス州で試験飛行を行いましたが、着陸後に爆発しました。試作機が爆発するのはこれで3回連続ですが、スペースXのイーロン・マスクCEOは開発を続ける意欲を示しています。

スペースXは、月や火星への飛行を目指す有人宇宙船「スターシップ」の開発をテキサス州南部の試験場で進めています。

3日に試作10号機の試験飛行が行われ、垂直の姿勢で離陸した「スターシップ」は高度1万メートルに達したあと、機体の姿勢を水平に変えて降下し、再び垂直の姿勢になって着陸しました。

しかし、そのおよそ10分後に爆発し、機体はばらばらになりました。

スペースXのイーロン・マスクCEOは着陸直後、ツイッターに「ばらばらにならずに着陸した!」と投稿しましたが、その2分後に「10号機よ安らかに眠れ」と書き込みました。

「スターシップ」の試作機は、去年12月には8号機、ことし2月には9号機が着陸に失敗して爆発しているほか、圧力テストなどでも機体が失われています。

マスク氏は、その後「開発チームはすばらしい仕事をしている。本当の意味での成功は、スターシップの飛行が日常になることだ」と投稿し、開発を続ける意欲を示しました。

「スターシップ」は、2023年に初めて民間人を乗せて月を周回する計画で、ファッションサイトの運営会社、ZOZOの前澤友作前社長が最初の搭乗者として、一緒に乗るメンバーを募集しています。