英政府 個人向け「グリーンボンド」発行へ 環境分野限定の債権

イギリス政府は調達した資金の使いみちを環境分野に限る「グリーンボンド」と呼ばれる債券を個人向けに発行することになりました。

「グリーンボンド」は、使いみちを温室効果ガスの削減や環境保護といった分野に限って資金を調達する債券で、イギリス政府は3日、新年度に少なくとも150億ポンド、日本円で2兆2000億円規模で発行する計画を発表しました。

政府として個人向けに発行するのは世界で初めてだとしています。

ことし11月の地球温暖化対策の国連の会議COP26で議長国を務めるイギリスは洋上の風力発電による電力の供給など環境分野の施策を相次いで打ち出していて、グリーンボンドによる資金調達でこうした計画の実現を急ぐ考えです。

グリーンボンドは日本では企業や自治体が相次いで発行しているほか、フランスなどヨーロッパでも広がっていて、環境問題への意識が世界的に高まるなかで活用する動きが拡大しています。