ワクチン接種の女性死亡 接種との因果関係詳しく検証へ 厚労省

新型コロナウイルスのワクチンを接種した女性が3日後に死亡したことについて、厚生労働省は自民党の会合で、ワクチン接種との因果関係があるかどうか詳しく検証する方針を示しました。

厚生労働省は2日、先月26日に新型コロナウイルスのワクチンを接種した60代の女性が3日後に死亡し、原因はくも膜下出血が推定されると発表しました。

これについて、3日開かれた自民党の会合で厚生労働省の担当者は女性の死亡とワクチン接種との因果関係があるかどうか、詳しく検証する方針を示しました。

これに対し、出席した議員からは「因果関係はないかもしれないが、これから多くの高齢者がワクチンを接種する中で亡くなる人も出てくるかもしれない。透明性を持って広報していく必要がある」という指摘が出されました。

また、EU=ヨーロッパ連合などで検討されているように、日本でもワクチンを接種した人に証明書を発行することを検討すべきだという意見が出されたのに対し、厚生労働省の担当者は「『証明があれば何をしてもよい』ということになるのを懸念している」と述べ、現時点では検討していないことを明らかにしました。

一方、会合ではファイザーなどが開発したワクチンの接種が3週間の間隔で2回行われることについて、出席議員からワクチンが十分に確保されるまでは接種の間隔を2倍程度に延ばすことができないか、政府に検討を求める意見も出されました。

自民 下村政調会長「接種間隔は柔軟に判断を」

自民党の下村政務調査会長は記者会見で、ファイザーなどが開発したワクチンの接種が3週間の間隔で2回行われることについて「医学的な根拠の中で、間隔が4週間でも心配ないということをファイザーが説明している。予定どおりにわが国にワクチンが供給されるか明らかでない部分もあり、柔軟な判断をしていく必要がある」と述べました。