ZOZO前社長 前澤友作氏 一緒に月へ行くメンバー8人の募集開始

アメリカのベンチャー企業が開発するロケットに乗って月を周回する計画に参加するファッションサイトの運営会社、ZOZOの前の社長の前澤友作氏が一緒にロケットに乗るメンバー8人の募集を始めました。費用は前澤氏が負担するとしています。

ロケットは、電気自動車メーカー・テスラのイーロン・マスクCEOが設立した宇宙開発のベンチャー企業・スペースXが、2023年に打ち上げを予定しています。

ロケットには、民間人を乗せて月を周回する計画で、前澤氏は最初の搭乗者に選ばれています。

その前澤氏は3日、一緒にロケットに乗るメンバー8人の募集を始めると発表しました。

8人の搭乗費用は前澤氏が負担します。

メンバーは全世界から募集し、宇宙に行く経験を通じて社会や人の役に立つ活動を加速でき、同じロケットに乗るメンバーの活動を全力で応援・協力できる人を募集の条件にあげています。

1次募集の締め切りは日本時間の今月14日で、書類選考のうえ、オンラインでの面談などを通じて、5月下旬にメンバーを決める予定だということです。