河井克行元法相の保釈認める決定 東京地裁 保釈金5000万円

公職選挙法違反の買収の罪に問われ、無罪を主張している河井克行元法務大臣について、東京地方裁判所は保釈を認める決定をしました。保釈金は5000万円で、検察は決定を不服として抗告しましたが、裁判所が退ければ、3日にも保釈される見通しです。

元法務大臣の河井克行被告(57)は、妻の案里元参議院議員が初当選したおととしの選挙をめぐり、地元議員など100人に2900万円余りを配ったとして、公職選挙法違反の買収の罪に問われ、無罪を主張しています。

克行元大臣の弁護団は、先月24日に5回目となる保釈請求を行っていましたが、東京地方裁判所は保釈を認める決定をしました。

保釈金は5000万円で、裁判所によりますと、すでに納付されたということです。

検察は決定を不服として抗告しましたが、裁判所がこれを退ければ、去年6月の逮捕以来、8か月余り勾留されていた東京拘置所から3日にも保釈される見通しです。

裁判所は、これまで40回余り開かれた審理で、証人尋問の大半が終わり、証拠隠滅のおそれが低下したと考えられることや、今月23日から始まる被告人質問に向けて準備を進めさせる必要があることから、保釈を認める判断をしたとみられます。

官房長官「みずから説明していくことが大事」

加藤官房長官は、午後の記者会見で、記者団から「本人の説明責任や議員辞職についてどう考えるか」と問われたのに対し、「それぞれの政治家においては、みずからそうした説明をしていくということが非常に大事だと思う」と述べました。

自民 下村政調会長「5000万円も持っているのか」

自民党の下村政務調査会長は、記者会見で「党に所属していた国会議員が公職選挙法違反の罪に問われていることは大変遺憾だ。保釈金を5000万円も払わなければならず、国会議員がそんなに持っているのかなと思うが、保釈されたら自身が説明責任をしっかり果たすことが大切だ」と述べました。

自民 岸田前政調会長「説明責任 果たすべき」

自民党広島県連の会長を務めていた岸田前政務調査会長は、広島市内で記者団に対し「これだけ大きな政治不信を招いた事件の当事者であり、しっかり説明責任を果たすことが大事だ」と述べました。

そのうえで、記者団が議員辞職すべきと考えるかと質問したのに対し、「議員の立場は大変重く、本人が責任を持って判断すべきだ。有権者から理解される形でみずからの身を処すことが大事だ」と述べました。

公明 竹内政調会長「説明責任果たし 決断を」

公明党の竹内政務調査会長は、記者会見で「司法の場で真相が解明されることを見守りたいが、政治家なので、きちんとみずから説明責任を果たしてもらいたい」と述べました。

そのうえで、記者団が議員辞職すべきと考えるかと質問したのに対し、「政治不信を招いた責任は極めて重いので、本人の決断を待ちたい」と述べました。