東京五輪・パラ組織委 女性理事12人増やして40%以上に

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は、女性理事を12人増やして理事会での女性の比率を40%以上にする方針を決め、女子マラソンの高橋尚子さんなどが新たな理事の候補に選ばれました。

大会組織委員会は2日、橋本会長のもと理事会を開き、女性蔑視と取れる森前会長の発言を踏まえた改革として、理事34人のうち女性7人という現状から女性理事を増やす案を議論しました。

この結果、理事の定数を45人以内と増やしたうえで、女性理事を12人増やして19人とし、理事会での女性の比率を40%以上にする方針を決めました。

組織委員会は、新たな理事の候補者を公表していませんが、シドニーオリンピックの女子マラソンで金メダルを獲得した高橋尚子さんや、冬のパラリンピックのアルペンスキーで2つの金メダルを獲得した大日方邦子さんなどが候補に選ばれ、組織委員会は元アスリートやジェンダーに関する有識者など、各界から幅広く選ぶとしています。

組織委員会は3日に評議員会を開いて、こうした方針を決議する予定です。

武藤事務総長は「何を発信するかが大事なので、ジェンダー平等に取り組む推進チームで中身のある発信をしていきたい」と話しました。

また、組織委員会は1976年のモントリオールオリンピック バレーボール女子の金メダリストの荒木田裕子理事を副会長に選定し、ジェンダーの平等に取り組む推進チームの担当とすることを決めました。