銀行間の送金手数料 半分に引き下げへ

お金を振り込む際に銀行に支払う手数料が安くなる可能性が出てきました。銀行どうしを結ぶネットワークシステムの送金に伴う手数料が高止まりしているとの指摘を踏まえ、システムを運営する団体は、手数料を今のおよそ半分に引き下げる方針を固めました。

個人や企業が預金口座のある銀行からほかの銀行にお金を振り込む場合は、主に「全銀システム」というネットワークが使われます。

しかし、銀行どうしが、送金に伴ってやり取りする手数料は40年以上にわたって固定され、結果的に利用者が銀行に支払う振込手数料も高いままになってると指摘されていました。

このため、関係者によりますと、システムを運営する団体の「全国銀行資金決済ネットワーク」は、金融庁などとも協議の上、銀行間の送金手数料を今のおよそ半分に引き下げる方針を固めました。

具体的には、送金額が▽3万円未満で117円、▽3万円以上で162円に設定している手数料を、一律62円にする方向で最終調整しています。

引き下げの時期は、ことし10月を予定しているということです。

この手数料を巡っては、去年、公正取引委員会が事実上の引き下げを求める報告書をまとめており、今回、引き下げの方針が固まったことで利用者がお金を振り込む際に銀行に支払う手数料も安くなる可能性が出てきました。

今の振込手数料は

銀行間の送金に伴う手数料の引き下げが実際に決まれば、各銀行は利用客の「振込手数料」を見直すかどうか検討に入ることになります。

例えばATMでキャッシュカードを利用し、ほかの銀行に送金する場合、大手行では1件当たり、
▽3万円未満なら税込み220円から330円
▽3万円以上なら税込み440円の、
振込手数料がかかりますが、一定程度の値下げにつながる可能性があります。