ゴーン元会長逃亡手助け 米で拘束の2人 日本の検察に引き渡し

日産自動車元会長、カルロス・ゴーン容疑者の中東レバノンへの逃亡を手助けしたとして拘束されたアメリカ人の特殊部隊元隊員ら2人が、日本の検察当局の係官らに引き渡され、2人を乗せた航空機は2日未明、日本への移送のためアメリカ・ボストンの空港を出発しました。
東京地検特捜部は2人を犯人隠避などの疑いで逮捕したものとみられます。

身柄が引き渡されたのはアメリカ軍の特殊部隊「グリーンベレー」の元隊員マイケル・テイラー容疑者(60)と、息子のピーター・テイラー容疑者(28)です。

2人は、おととし12月、特別背任などの罪で逮捕・起訴され、保釈中だった日産のゴーン元会長を大型のケースの中に隠してプライベートジェットに乗せ、レバノンへの逃亡を手助けした疑いがあり、東京地検特捜部は去年1月、犯人隠避と出入国管理法違反のほう助の疑いで2人の逮捕状を取りました。

そしてアメリカの捜査当局は去年5月、東部マサチューセッツ州で2人の身柄を拘束し、国務省は去年10月、容疑者の身柄の引き渡し条約に基づいて日本側への引き渡しを認めました。

2人はボストンのローガン国際空港で日本の検察当局の係官らに引き渡され、2人を乗せた航空機は日本時間の2日午前2時半ごろ日本への移送のため空港を出発しました。

特捜部は2人を犯人隠避などの疑いで逮捕したものとみられます。

日本への引き渡しについて弁護側は「不当な扱いを受けるおそれがある」などとして裁判所に差し止めを申し立てましたが、ことし1月に連邦地方裁判所が却下し、連邦控訴裁判所や最高裁判所も申し立てを退けていました。

特捜部はゴーン元会長の逃亡の詳しい経緯について全容解明を進めることにしています。

一方、特捜部はゴーン元会長についてもICPO=国際刑事警察機構を通じて国際手配し、出入国管理法違反の疑いで逮捕状を取っていますが、レバノン政府はこれまで「レバノンの滞在に法的な問題はない」という認識を示していて、日本に戻る見通しは立っていません。

テイラー容疑者のもう1人の息子 米政府の対応に不満

マイケル・テイラー容疑者のもう1人の息子のルディー・テイラー氏は日本の検察当局への身柄の引き渡しについてツイッターに「マイケルとピーターが日本側に引き渡された。まもなく2人を乗せた航空機が離陸する。アメリカ政府にとって恥ずべきことだ」と書き込み、引き渡しを認めたアメリカ政府の対応に不満を示しました。

上川法相「わが国で裁判受けるべき」

上川法務大臣は、閣議のあとの記者会見で「個別事件の具体的な捜査、また、アメリカの手続きに関わる事柄であり、お答えを差し控えるが、一般論として、わが国に犯罪人を護送するにあたっては、当局において、安全性に十分配慮したうえで行われるものと承知している」と述べました。

そのうえで、カルロス・ゴーン被告の引き渡しについて「わが国の裁判所において裁判を受けるべきものであり、引き続き、外交当局と情報共有しながら、関係国や関係機関などとしっかり連携し、できるかぎりの措置を講じていきたい」と述べました。