ヤフーとLINEが経営統合 巨大IT企業誕生

IT大手のヤフーとLINEは1日経営統合し、インターネットを通じた幅広いサービスを手がける巨大IT企業が誕生しました。両社は、日本国内でスマートフォン決済の「LINE Pay」を「PayPay」に統合する方向で協議を始めました。

ヤフーとLINEは1日、ソフトバンクの子会社、Zホールディングスの傘下で経営統合しました。

これによって、従業員がおよそ2万3000人、国内最大規模の検索やSNSに加えて、広告や通信販売、金融などネットを通じた幅広いサービスを手がける巨大IT企業が誕生しました。

ヤフーの川邊健太郎社長とLINEの出澤剛社長は都内で記者会見し、今後の事業戦略を発表しました。

この中では、スマホ決済のサービスを一部集約し、日本国内では来年4月に「LINE Pay」を「PayPay」に統合する方向で協議を始めたことを明らかにしました。

実現すれば、国内の利用者が延べ7000万人を超える最大規模のスマホ決済サービスとなります。

このほか、LINEが台湾やタイ、インドネシアなどに持つ顧客基盤を生かし、両社が協力してアジアでの事業拡大を図るとしています。

会見でヤフーの川邊社長は「GAFAと呼ばれるアメリカの巨大IT企業よりすぐれているのは事業の守備範囲の広さだ。日本・アジアから世界をリードするAIテックカンパニーとして挑戦していきたい」と述べました。

ヤフー社長「新年度は新卒採用倍増したい」

ヤフーの川邊健太郎社長は、1日都内で開いた記者会見の中で、ヤフーとLINEの親会社にあたる「Zホールディングス」のグループ全体で、AI=人工知能関連の人材を今後5年間で5000人獲得する計画を明らかにしました。

そのうえで、「新年度は新卒の採用は倍増したい」と述べ、積極的な採用への意欲を示しました。