プロ野球 巨人 練習試合で新たな1番2番コンビが活躍

プロ野球・巨人は那覇市でDeNAと練習試合を行い、新たな1番2番のコンビが機能して先制点をあげました。

巨人は那覇市でのキャンプ最終日の28日、DeNAと練習試合を行いました。

打線は1回、DeNAからFA=フリーエージェントで加入した1番の梶谷隆幸選手がツーベースヒットで塁に出ました。

そして2番のキャプテン・坂本勇人選手もタイムリーヒットを打ってわずか6球で先制点をあげました。

坂本選手は「梶谷選手は本当にバンバン出塁して、さすがだなと感心している。いろいろ話もできていい刺激をもらい心強く思う。2人で打線を引っ張っていきたい」と話していました。

一方、先発した3年目の戸郷翔征投手は初めての対外試合となりました。

その中で習得を目指しているバッターの手元で小さく変化するツーシームを5球ほど試し、3回を投げてヒット2本、無失点と好投しました。

去年9勝をあげた戸郷投手は「ツーシームは実戦初めてではよかった。去年と同じようにしていては結果は出ないと思うので、もっと自分に厳しくしながらいい調整をして開幕を迎えたい」と話していました。

試合は変則的な形式で行われ、巨人が7対1で勝ちました。