“最後”の「びわ湖毎日マラソン」きょう開催

びわ湖を舞台に開催されるのがことしで最後となる「びわ湖毎日マラソン」が28日行われます。

びわ湖毎日マラソンは国内で最も歴史の長いマラソン大会で、オリンピックや世界選手権の代表選考も行われてきましたが、大阪マラソンとの統合が決まり、びわ湖の湖畔などを走る現在のコースで開催されるのはことしで最後です。

大きな節目を迎えたレースには、2018年のアジア大会で金メダルを獲得した28歳の井上大仁選手や日本歴代4位となる2時間6分45秒の自己ベストを持つ高久龍選手、さらに世界選手権を4回経験している元公務員ランナーの川内優輝選手などが出場します。

一方、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて海外からは選手を招待しませんでした。また、大会では、スタートとフィニッシュの地点となる大津市の皇子山陸上競技場には観客を入れず、沿道についても観戦の自粛を求めるなどの感染対策をとります。

レースは午前9時15分にスタートし、NHKは、総合テレビとラジオ第1で中継するほか、常時同時配信のサービス、「NHKプラス」でも視聴できます。