子ども3人遺体事件 父親は虐待で過去4回児童相談所に通告

福岡県飯塚市と鹿児島市で3人の子どもが遺体で見つかった事件で、子どもの父親が、3人のうち小学生の男の子への暴行でこれまでに4回児童相談所に通告されていたことがわかりました。

25日、福岡県飯塚市の県営団地で、小学3年生の田中大翔くん(9歳)が死亡しているのが見つかりました。

また26日夜になって、一緒に住んでいた3歳と2歳のきょうだい2人も鹿児島市のホテルで遺体で見つかり、父親はホテルの部屋から飛び降りて大けがをしました。

警察によりますと、父親は大翔くんへの暴行で、過去5年間に4回、警察から児童相談所に通告されたということです。

父親は警察に対し暴行したことを認め、そのつど大翔くんは一時的に児童相談所に預けられたということです。

一方で、3歳と2歳のきょうだい2人には虐待などに関する通告はなかったということです。

これまでの捜査で、大翔くんは今月中旬に死亡したとみられ、同じ時期に父親は福岡市でレンタカーを借り、2人のきょうだいを連れて宮崎県方面へ移動したことが分かっています。

乗っていたレンタカーに使われていない練炭が残されていたほか、滞在先からは遺書のようなものが見つかっていて、警察は無理心中を図ろうとしたとみて捜査しています。

警察は、父親が大翔くんが死亡した経緯についても知っているとみて調べています。

父親ときょうだい2人の足取りは

警察によりますと、父親は今月18日に福岡市でレンタカーを借り、きょうだい2人を連れて翌日から数日間、宮崎県串間市の観光地「都井岬」で過ごしていたということです。

防犯カメラの映像などから、その後は電車と船を乗り継いで、鹿児島市の観光地、桜島のホテルに今月24日から滞在していたとみられています。

桜島に到着したあと、父親と2人の子どもたちはタクシーでフェリーターミナルからホテルへと向かっていました。

このタクシーの運転手は「何をしに来たのか尋ねたら、父親は昔、修学旅行で桜島を訪れたことがあるそうで『ゆっくりしたい』と話していました。子どもたちはニコニコしながら笑っていて『おじちゃんありがとう』と言いながら降りていきました」と話していました。