卓球 Tリーグ 女子は日本生命レッドエルフが3連覇

卓球の国内リーグ、Tリーグは女子のプレーオフファイナルが行われ、日本生命レッドエルフが木下アビエル神奈川に競り勝ち、3連覇を果たしました。

Tリーグ女子プレーオフファイナルは27日、東京 立川市で行われ、レギュラーシーズン1位の木下アビエル神奈川と2位の日本生命レッドエルフが対戦しました。

第1試合のダブルスは日本生命が勝ちましたが、第2試合のシングルスでは東京オリンピックの代表に内定している神奈川のエース石川佳純選手が要所で持ち味のフォアハンドを決めてゲームカウント3対1で勝利しました。

日本生命は第3試合も早田ひな選手が敗れて後がなくなりましたが、第4試合のシングルスでは東京オリンピックの代表に内定している平野美宇選手が勝負どころで思い切りのいい攻めを見せて3対2で競り勝ちました。

勝負は1ゲームで争われる第5試合にもつれ、日本生命は早田選手、神奈川は早田選手と相性がいい木村香純選手が出場しました。

早田選手は10対10から持ち味の力強いフォアハンドで2連続ポイントを奪って12対10で勝利しました。

日本生命は3対2で競り勝って3連覇を果たしました。

早田選手は試合後「第5試合に起用してくれた監督に感謝したい。第3試合で負けたからこそ、もう1回気を引き締め直して強い気持ちで臨むことができた。3連覇を達成できて本当によかった」と涙を流しながら話していました。