トヨタ 燃料電池車搭載と同じ発電システム 他企業向けに販売へ

脱炭素社会に向けて重要なエネルギーとされる「水素」の利用を広げようと、トヨタ自動車が燃料電池車に搭載しているのと同じ発電システムをほかの企業向けに販売することになりました。

トヨタが販売するのは、水素で発電して走る燃料電池車「MIRAI」に搭載しているのと同じ発電システムで、ことしの春以降、企業向けに販売を始めます。

水素と酸素を反応させて発電する装置や、電圧を上げるコンバーターなどを長方形の箱にまとめていて、トラックやバス、鉄道といった乗り物のほか、発電設備として使われることを想定しています。

トヨタとしては、燃料電池車の開発で培った技術を社外にも提供することで水素の利用を促し、ゆくゆくは水素ステーションなどのインフラの充実にもつなげるねらいです。

水素は、脱炭素社会を目指す政府の実行計画でも二酸化炭素を出さない重要なエネルギーとして位置づけられています。

大手商社の伊藤忠商事も産業用ガスを手がけるフランス企業の日本法人と水素の製造・販売で提携するなど、普及に向けて動きが一段と活発になっています。