サッカーJ1開幕 連覇ねらう川崎が白星スタート

サッカーJ1は26日、今シーズンが開幕し、連覇をねらう川崎フロンターレが横浜F・マリノスに2対0で勝ち白星でスタートを切りました。

昨シーズン、史上最速でJ1を制したフロンターレは、ホームの等々力競技場で行われた開幕戦で2年ぶりの優勝を目指すF・マリノスと対戦しました。

フロンターレは前半21分、家長昭博選手のボレーシュートで先制し、43分にも再び家長選手がゴールを決めて2対0で勝ち、開幕戦を白星で飾りました。

J1は昨シーズン、新型コロナウイルスによる影響を考慮して降格がなかったため、今シーズンは例年よりも2チーム多い20チームで開催され、下位の4チームが自動的に降格します。

27日は昨シーズン2位だったガンバ大阪がヴィッセル神戸と対戦するなど8試合が行われます。