NHK職員 旅費不正受給で停職1か月の懲戒処分

NHK報道局の職員が出張などで割安な航空券を使用したのに正規の航空運賃などを請求し、出張旅費など9万9000円余りを不正に受け取っていたとしてNHKは26日、この職員を停職1か月の懲戒処分にしました。

NHK報道局ニュース制作センターの40代のチーフ・プロデューサーは、去年8月と11月の2回、転勤と出張でそれぞれ航空機を利用した際、マイレージ特典や割安なパッケージプランの航空券を使用したにもかかわらず、正規の運賃などを請求して差額分の9万9480円を不正に受け取っていました。

別の出張旅費の請求で不審な点があり、調べたところ今回の2件の不正が見つかりました。

この職員はニュース企画の制作などを担当していて事実関係を認め、すでに全額を弁済しています。

NHKは26日、この職員を停職1か月の懲戒処分にしました。

NHKは「職員としてあるまじき行為であり、視聴者の皆様に深くおわびいたします。再発防止に向け、旅費請求のルールを徹底してまいります」とコメントしています。