Jリーグ開幕 J1は去年王者の川崎とおととし優勝の横浜の一戦

サッカーJリーグは26日、開幕します。緊急事態宣言に伴い新たに就任した外国人監督が来日できずに開幕を迎えるチームもあるなど、新型コロナウイルスの影響を受ける中、新たなシーズンが始まります。

このうちJ1は26日夜、川崎市で行われる去年の王者・川崎フロンターレとおととしの優勝チーム、横浜F・マリノスの試合で開幕を迎えます。

今シーズンも優勝候補の一角にあげられているフロンターレは昨シーズン、新人最多記録に並ぶ13点を挙げた三笘薫選手や小林悠選手など、ふた桁得点をマークした4人の選手がチームに残りました。
一方で、緊急事態宣言に伴う入国制限のため今シーズンJ1に昇格した徳島ヴォルティスはスペイン出身のダニエル・ポヤトス新監督が来日できず、監督不在のまま開幕を迎えます。

また、昨シーズンは新型コロナウイルスの影響を踏まえて昇格だけで降格がなかったため、今シーズンのJ1は例年より2チーム多い20チームで争われます。

これに伴い、今シーズンは下位の4チームが自動的に降格することから、残留をかけた争いもしれつです。

J1の開幕カードは27日に8試合、28日にも1試合が予定されていて9か月余りに及ぶシーズンが始まります。