聖火リレー 福井県 五木ひろしさんが辞退 スケジュールの都合

東京オリンピックの聖火リレーについて、福井県でランナーを務めることになっていた歌手の五木ひろしさんは、スケジュールの都合でランナーを辞退しました。

福井県の実行委員会によりますと福井県内の聖火リレーは、ことし5月29日と30日に行われ、2日間でおよそ170人のランナーが参加する予定です。

このうち福井県の実行委員会が推薦した44人が公表されましたが、当初、参加予定だった福井県美浜町出身の歌手、五木ひろしさんは、スケジュールの都合で辞退することになったということです。

五木さんは「誠に残念ながら今回はスケジュール都合のため、辞退させていただきます」とコメントしています。

福井県の実行委員会で改めて検討した結果、五木さんにかわるPRランナーには、男子バレーボール日本代表として北京オリンピックなどに出場した福井県若狭町出身の荻野正二さんが参加することになりました。