プロ野球 ソフトバンク 開幕ローテ目指す武田と大竹が好投

プロ野球、ソフトバンクは25日、宮崎市でロッテとの練習試合を行い、開幕ローテーション入りを目指す武田翔太投手と大竹耕太郎投手が好投しました。

10年目の武田投手は、昨シーズンは2勝にとどまるなど思うような成績を残せず、ことしは1軍で先発としてシーズンを通して投げ抜くことを目標に掲げています。

25日の練習試合で先発した武田投手は、打者のタイミングをずらすカーブでストライクを取り、キャンプで威力が増したストレートで打ち取るピッチングがさえ、3回をヒット1本、無失点におさえました。

武田投手は「きょうのピッチングは全体的によかった。自分の生命線のカーブを自在に操れるようにしながら、ストレートの勢いを強くしていきたい」と、さらなる成長を誓っていました。

一方、5回から登板した育成出身で4年目の大竹投手は、リズムよく打たせて取るピッチングで3回をヒット2本、無失点におさえ、安定感をアピールしました。

大竹投手は「立ち上がりは緊張したが、後半は思ったところに投げることができた。試合を任せたいと思ってもらえるようなリズムとテンポのいいピッチングを続けたい」と意気込みを示しました。