年会費180万円コースも完売 楽天 田中将大ファンクラブ会員枠

プロ野球の楽天が、8年ぶりに大リーグから復帰した田中将大投手の個人ファンクラブを立ち上げ、25日から入会の申し込みを開始したところ、年会費180万円のVIPコースも含めて1000人を超える会員枠が4時間余りで完売しました。

このファンクラブは「マー君クラブ」と名付けられ、球団の公式サイトで25日午前10時すぎから入会の受け付けが始まりました。

ファンクラブには1000人限定の、年会費1万8000円のコースと10人限定の、年会費180万円のVIPコースの2種類がありますが、VIPコースは受付開始から14分で完売し、1万8000円のコースも午後2時半前には定員いっぱいになりました。

いずれのコースも田中投手にちなんだ、さまざまなグッズが手に入るほか、田中投手が登板する試合のチケットが完売していても、試合当日、通常は販売しない席を2席まで買えるなどの特典があり、VIPコースには、5人までが特別席で観戦できる50万円相当のチケットもついています。

球団担当者は「180万円は正直、勇気がいる値付けでしたが、まさかのスピード完売でびっくりしています。安かったと思っていただけるようなサービスを提供してまいります」とコメントしています。

田中投手は球団を通じ「ファンの方々と直接触れ合うことが難しい中、ファンクラブを通じて交流できることを楽しみにしています」とコメントしています。

楽天が個人ファンクラブを設立したのは、球団を初の日本一に導いた故 星野仙一さん以来で、選手では初めてです。