組織委 橋本会長 ジェンダーの平等 推進チーム発足を報告

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の橋本会長が、24日夜、会長に就任後初めてIOC=国際オリンピック委員会の理事会に出席し、ジェンダーの平等に取り組む推進チームを25日に発足させることを報告しました。

組織委員会の橋本会長は、IOC理事会にオンラインで参加したあと、報道陣の取材に応じ、理事会では組織委員会の内部にジェンダーの平等に取り組む推進チームを25日に発足させることを報告したことを明らかにしました。

推進チームは、小谷実可子スポーツディレクターがトップを務め、組織委員会内のアスリート委員会の委員や外部の有識者を交えて議論していくということです。

橋本会長は「大会までの限られた時間でもしっかり取り組み、あとに振り返った時にその後の日本が大きく変わる転換点だったと言われるよう尽力したい」と述べました。

小谷スポーツディレクターは「多様性と調和の目に見える形での発信ができるよう頑張りたい」と述べました。

このほか橋本会長は、25日でスタートまで1か月となるオリンピックの聖火リレーについて、コロナ対策を万全にして安全を最優先に運営していくことを報告したということです。