トヨタ 国内4工場の稼働停止 24日まで延長 地震影響

トヨタ自動車は、今月13日の地震の影響で部品の調達が難しい状況が続いているとして、国内の4つの工場について停止期間を24日まで延長することを決めました。

トヨタ自動車は、今月13日に福島県と宮城県で震度6強を観測した地震で、仕入れ先が被災し部品の調達が滞ったため、現在、グループの企業を含む国内8工場の12のラインの稼働を停止しています。

稼働の停止は23日までの予定でしたが、部品の調達が難しい状況が続いていることから、このうち4つの工場で停止期間を24日まで延長することを決めました。

停止期間を延長するのは、
▽愛知県豊田市にある高岡工場、
▽トヨタ車体の愛知県刈谷市にある富士松工場、
▽豊田市にある吉原工場、
▽岐阜車体工業の岐阜県各務原市にある工場の、
合わせて4工場の5つのラインです。

これによって稼働停止の期間は最長で7日間となり、トヨタは3万1000台の生産に影響が出るとしています。

トヨタは25日以降についても、部品の調達の状況を見ながら、これらの工場を再開するかどうか検討するとしています。