大リーグ ジャイアンツとマイナー契約 山口俊が入団会見

大リーグのジャイアンツとマイナー契約を結んだ山口俊投手が22日、入団後初めての会見を行い「なんとかメジャー契約を勝ち取って1年間貢献する姿を見せたい」と意気込みを話しました。

33歳の山口投手は2月、キャンプに向けて渡米した直後にブルージェイズから自由契約となり、20日にジャイアンツとマイナー契約を結びました。

山口投手は、アリゾナ州でのジャイアンツのキャンプに招待選手として参加していて、22日は入団後初めての会見を行いました。

この中で山口投手は「伝統あるチームで、すごくワクワクしている。なんとかメジャー契約を勝ち取って、1年間貢献する姿を見せたい」と今シーズンの目標を話しました。

また、大リーグ1年目だった昨シーズン、ブルージェイズで中継ぎとして2勝にとどまり、防御率8.06と結果を残せなかったことを振り返り「見てのとおりの結果で、去年の自分の実力だと思う。納得はできていないし、このまま日本に戻っても後悔することになるというのはまず1番に思った」と話し、大リーグでのプレーに強い思いをにじませました。

そのうえで、今シーズンに向けては「オフにいいトレーニングを積むことができた。どこまで通用するのか自分に対しての期待感は去年よりもはるかに大きい」と意気込んでいました。