福島 須賀川 殺害された男性 頭に拳銃で撃たれたような傷

22日夜、福島県須賀川市の中古車販売店のガレージで37歳の経営者の男性が殺害された事件で、これまでの調べで男性の頭に拳銃で撃たれたような傷があり、警察は捜査本部を設置し容疑者の行方を捜査しています。

22日夜7時すぎ、須賀川市陣場町の中古車販売店のガレージで、この店を経営する鏡石町旭町の佐久間剛さん(37)が頭から血を流して倒れているのを通報を受けて駆けつけた警察官が見つけました。

佐久間さんは病院に運ばれましたがおよそ3時間後に死亡しました。

これまでの調べで頭に拳銃で撃たれたような傷があり、警察は現場の状況なども合わせて殺人事件と断定し23日午前、捜査本部を設置しました。

警察によりますと、佐久間さんは妻と電話で話していた際に何者かに襲われたとみられ、現場付近では銃声のような音を聞いた人が複数いるということです。

警察は容疑者の行方を捜査するとともに、事件当時の詳しい状況を調べています。

付近の住民「驚きました」

現場から50メートルほどのところに住む70代の男性は「外が騒がしいので表に出てみたら、パトカーや救急車が次々に来て長い間現場にとどまっていたので交通事故ではないなとは思いましたが、まさか殺人事件とは思いませんでした。拳銃が発砲されたらしいというのも驚きましたが銃声のような音は聞こえませんでした」と話していました。