「竹島の日」で島根県知事 “韓国と外交の場で話し合いを”

2月22日は島根県が条例で定める「竹島の日」です。島根県は22日、新型コロナウイルスの感染防止のため、規模を縮小しながら松江市で式典を開き、丸山知事は外交交渉による解決を政府に求めました。

島根県は、明治時代に竹島を県の所管とした2月22日を条例で「竹島の日」と定め、毎年、松江市で県主催の式典を開いています。

16回目となることしは、感染防止対策として、出席者を例年の半分ほどに限定し、国や県の関係者、それに、竹島のある隠岐の島町の町長など200人余りが出席しました。

式典で、丸山知事は「竹島は、わが国固有の領土だ。韓国と外交の場で、竹島問題が話し合われるよう強く要望する」と述べて、外交交渉による解決を政府に求めました。

また、内閣府で領土問題を担当する和田義明政務官は「韓国による竹島の占拠は、国際法上、何の根拠もなく、容認できるものではない。政府としては、外交などさまざまな場で一歩も引くことなくわが国の立場を伝え、粘り強く対応していく」と述べました。

会場には例年、式典に抗議する韓国人のグループが訪れていましたが、新型コロナウイルスの影響で去年に続いて来日せず、目立った混乱は起きませんでした。

韓国政府「直ちに廃止を求める」

竹島の領有権を主張する韓国政府は外務省の報道官の声明を出し「つまらない挑発を繰り返していることに対して強く抗議し、この行事を直ちに廃止することを改めて厳重に求める」としています。

また、ソウルにある日本大使館によりますと、相馬総括公使が22日午後、韓国外務省のキム・ジョンハンアジア太平洋局長から抗議を受けたということですが、相馬総括公使は抗議は受け入れられないと反論したということです。