大坂なおみが2位に テニス 最新の世界ランキング

テニスの最新の世界ランキングが発表され、ことし最初の四大大会となった全豪オープンで優勝した大坂なおみ選手が、女子シングルスの世界ランキングを1つ上げて2位となりました。テニスの世界ランキングは過去の大会成績に応じて与えられるポイントで決まります。

大坂選手は20日まで行われた全豪オープンで2年ぶり2回目、四大大会では4回目となる優勝を果たしました。

そして22日、発表された最新の世界ランキングで、大坂選手は全豪オープンで準々決勝敗退のルーマニア、シモナ・ハレプ選手を抜いて、これまでの3位から2位に順位を上げました。

世界1位はオーストラリアのアシュリー・バーティ選手で変わりません。

また、男子シングルスの世界1位は全豪オープンで3年連続9回目の優勝を果たした、セルビアのノバク・ジョコビッチ選手、2位は、スペインのラファエル・ナダル選手と上位2人は変わりませんでした。

続いて全豪オープンで準優勝したロシアのダニール・メドベージェフ選手が3位に浮上しました。

日本選手のトップは錦織圭選手でランキングを1つ下げて43位となりました。