旅客機エンジン部品落下 同型機の緊急点検を指示 米連邦航空局

アメリカで飛行中の旅客機からエンジンの部品が落下したことを受けて、FAA=アメリカ連邦航空局は同じ型のエンジンを搭載するボーイング777型機について、緊急の点検を指示することになりました。

アメリカ西部コロラド州デンバーの近郊で20日、飛行中だったユナイテッド航空のボーイング777型機のエンジンが損傷し、住宅地に部品が落下しました。

これを受けてFAA=アメリカ連邦航空局は21日声明を出し、同じ型のエンジンを搭載するボーイング777型機について、緊急の点検を行うよう指示することを明らかにしました。

声明では安全性に関するデータを見直した結果、このエンジンに特有の「ホローファンブレード」と呼ばれる部品の、点検頻度を上げる必要があると判断したとしています。

FAAによりますと、このエンジンを搭載するボーイング777型機を運航しているのはアメリカと日本、それに韓国の航空会社で、アメリカではユナイテッド航空だけだということで、ユナイテッド航空は該当する24機の運航を停止すると発表しました。

日本では国土交通省が同じエンジンを搭載する同型の旅客機19機を保有する全日空と、13機を保有する日本航空に対し、対策の必要性を検討する間、運航を停止するよう指示しています。