東北新幹線 仙台~岩手・一ノ関間 運転再開 JR東日本

今月13日の福島県沖の地震で架線を支える電柱が折れるなどの被害が出た東北新幹線は22日の始発から、仙台駅と岩手県の一ノ関駅の間で運転を再開しました。

今回の地震で東北新幹線では、福島県と宮城県の沿線で架線を支える電柱が折れたり高架橋の柱が損傷したりする被害が出て、栃木県の那須塩原駅と一ノ関駅の間で運転できなくなっていました。

JR東日本では復旧作業を進め22日の始発から仙台駅と一ノ関駅の間で9日ぶりに運転を再開させました。

JR仙台駅では券売機で切符を買ったり、荷物を持ってホームに向かったりする人の姿が見られました。

通勤のため一ノ関駅から到着したという50代の男性は「運転見合わせの期間は車などで通勤していたので、きょうはとても楽でした。新幹線は移動の足なので全線再開が待ち遠しいです」と話していました。

また、仕事で盛岡方面に向かうという50代の男性は「きのうまでだったらもう1時間早い在来線に乗らなければいけなかったので再開してよかったです」と話していました。

JR東日本では仙台駅と那須塩原駅の間についても24日から運転し、全線で運転を再開させる予定です。

ただ、復旧作業の直後で安全を確認する必要があるため当面の間、運行本数が通常の8割程度となるほか、速度を落として運転し東京駅から仙台・盛岡駅までの所要時間は1時間程度長くなるということです。