株価 一時400円以上値上がり

週明けの22日の東京株式市場は幅広い銘柄に買い注文が出て、日経平均株価は午前中、先週末の終値より一時400円以上値上がりしました。

日経平均株価午前の終値は、先週末の終値より232円91銭高い3万250円83銭。

東証株価指数=トピックスは14.77上がって1943.72。

午前の出来高は6億4820万株でした。

市場関係者は「日経平均株価は先週末までの3営業日で400円以上下落していて、値下がりしていた銘柄を買い戻す動きが出ている。また、国内でも新型コロナウイルスのワクチンの接種が始まり、経済活動の正常化への期待も投資家の積極的な姿勢を後押ししている」と話しています。