国交省 同型旅客機の運航停止指示 アメリカでエンジン部品落下

日本時間の21日、アメリカで旅客機からエンジンの部品が落下したことを受けて、国土交通省は、国内の航空会社に対し、同じエンジンを搭載する同型の旅客機の運航を停止するよう指示しました。

日本時間の21日(米国現地時間の20日)、アメリカ西部コロラド州で、飛行中の旅客機ボーイング777型機のエンジンが損傷し、住宅街に部品が落下しました。
これを受けて国土交通省は、同じエンジンを搭載する同型の旅客機19機を保有する全日空と、13機を保有する日本航空に対し、対策の必要性を検討する間、運航を停止するよう指示しました。

両社とも別の機体で運航するということで運航予定の便に影響はないということです。
国土交通省によりますと、ボーイング777型機を巡っては、去年12月、那覇空港に緊急着陸した日本航空の旅客機が飛行中にエンジンのカバーの一部が無くなり、水平尾翼におよそ28センチの穴があくなどのトラブルが起きていて点検を強化するよう指示していました。

国土交通省は、アメリカ連邦航空局などから引き続き情報収集をして必要な措置を検討するとしています。