2月22日「竹島の日」 コロナ禍で規模縮小し式典 島根 松江

2月22日は島根県が条例で定める「竹島の日」です。
島根県は新型コロナウイルスの感染防止のため、規模を縮小しながら松江市で式典を開き、竹島が日本固有の領土であることを改めて訴えることにしています。

島根県は、明治時代に竹島を県の所管とした2月22日を条例で「竹島の日」と定め、毎年、松江市で県主催の式典を開いています。

16回目となることしの式典には、島根県の丸山知事や、竹島のある隠岐の島町の関係者などが出席し、感染防止対策として出席者を200人余りと例年の半分ほどに限定して開催します。

政府から和田義明 政務官が出席予定

また、政府からは内閣府で領土問題を担当する和田義明政務官が出席する予定です。

政府は第2次安倍内閣の発足以降、竹島に関する日本の立場を明確に示したいとして、毎年、「竹島の日」の式典に政務官を派遣していて、菅内閣も継承することになります。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、県が松江市に設置している竹島に関する資料の展示施設の入場者数は、去年1年間で4200人余りと、前の年よりおよそ4割減りました。

感染拡大の影響で情報発信の機会が減る中、島根県は式典で竹島が日本固有の領土であることを改めて訴え、解決に向けた機運を高めたいとしています。